>レポート>個人再生のメリットと費用の考え方〜立ち直るための手続き〜

個人再生のメリットと費用の考え方〜立ち直るための手続き〜

お金

無料では出来ません

借金の返済が出来なくなった時に起こす方法として、自己破産とか任意整理、更には個人再生などがあります。自己破産をするには、裁判費用がかかりますが、借金の返済の必要がなくなります。その時、自分の資産や住宅などを失うことになります。ですが個人再生となると、財産を手放す必要もなく、一定の条件を満たすことで、住宅を手放す必要もなります。それは、返済義務は依然として残ることになるからです。返済の見込みがあるからこそ、個人再生が認められることになります。債務額が100万円を超えた時から減額が出来、500万円の返済が滞った時には、100万円の返済で済むことになります。またこの借金の額が増えることで、返済の額も変わって来ることを、知っておくべきです。裁判所へ申し立て、司法書士などに仕事を依頼した時などは、それら費用として20万円を超え、30万円程度でかかる場合も出て来ます。

紙幣

減額が大きなメリット

借金を積み重ね、その返済を滞ることはあってはならないのですが、いろいろな事情から、その借りた金額の返済が無理となってしまった時、国から救済を受けることが可能となっています。借金全てが帳消しになる訳ではありませんが、減額を希望することが出来ます。それが個人再生と言われる方法です。返済する借金の金額が100万円を超えた時、その金額によって減額基準が儲けられることになります。最大で5分の1程度まで減額になる場合もありますので、裁判所に申し立てることで、3年間での分割支払いが認められることになるものです。この場合、裁判所に対し費用がかかります。申し立て手数料としての収入印紙代、官報費用、連絡用郵便料金、再生委員に対する報酬などで200.000円から300.000円程度となります。更に、個人再生のために弁護士や司法書士などに仕事を依頼すると、それらの費用も加算されることになります。

広告募集中